大きな地図で見る
渡航移植のポイント 2012年08月03日

移植は一生に関わる重大な選択です。以下の点に十分留意なさってください。

①病院の選択をする前に一度は現地に行き下見されることをお勧めします。特に執刀される外科医との問診は極めて重要です。
②適性検査を兼ねた事前視察は現地で付き添ってもらう人が信頼できるのか知る機会にもなります。また手術を受ける病院の医療レベルや設備などをご自身の目で確認しておくと安心して移植手術に臨むことができるでしょう。
③帰国後に継続治療を受ける日本国内の病院の受け入れ態勢について事前に確認しておくことをお勧めします。
④移植費用については諸経費なども含めた総額の見積もりを必ず受け取るようにしてください。
⑤継続治療を受ける際には日本の医療機関に「診療情報提供書」を提出する必要があります。手術の状況や処置、投薬の詳細は適切な治療を継続する上で大変重要です。

⑥現地での待機時間が長期化すると心身ともに大きなストレスとなります。私共がご紹介する病院に関しましては腎臓・肝移植ともに現地滞在期間は平均2週間~4週間前後となっております。また心臓・肺移植に関しましてはある程度日本で待機しながら手術に備えることも可能ですので詳しくはお問合せ下さい。

⑦万が一問題が生じた際に仲介者は患者に対して何らかの補償や賠償責任が負える団体または人物なのか精査することが大切です。責任能力を有している者であれば後の係争を生じない様に安易な発言や無責任な勧誘はしない筈です。

⑧手術費用の支払先や支払い方法も事前に確認しましょう。現金の手渡しよりも銀行など専用口座へ送金した方が明確となるので無用なトラブルが防げます。
⑨手術費用の支払先や支払い方法も事前に確認しましょう。現金の手渡しよりも銀行など専用口座へ送金した方が明確となるので無用なトラブルが防げます。
  

※これから渡航移植をお考えの方は上記の各項目を参考になさってください。
 様々な医療機関のレベルや条件を比較検討した上で選択されることが最も重要であり大切なことです。



copyright(c)the association for patients of intractable diseases all right reserved.
住所:〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-14 WISE NEXT 新横浜901a